トップページ > 匠が残した最後の逸品 > 彫刻
彫刻写真
▼詳細写真はこちら  
本願寺派用 欄間(らんま)部分 各宗派用 御須弥壇(おしゅみだん) 各宗派用 欄間部分 彫刻柄:迦陵頻伽(かりょうびんが)
彫刻

御須弥壇部分の彫刻
欄間をはじめ内部の御宮殿(御厨子)や須弥壇(しゅみだん)などに草花や鳥などの彫刻を施しています。

いかにして生命力や躍動感を表現するかが重要なポイントであり、しかも心安らぐ「感じ」を表現しています。



木地 金箔押
彫刻 彩色
漆塗 蒔絵
蝋色研出 錺金具
 
  商品をご購入される方はこちら
本願寺派(西)用金仏壇
前開 屋根入 別製最上
150代(お仏具別)
金仏壇 前開 出迎門
極上別製 150代
(お仏具別)
このページの先頭へ戻る

トップページへ

カテゴリ一覧

メール返信定休日

2017年12月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

2018年01月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

定休日