トップページ > 匠が残した最後の逸品 > 金箔押
金箔押写真
▼詳細写真はこちら  
本願寺派用 御宮殿(おくうでん)屋根部分 各宗派用 欄間(らんま)部分 本願寺派用 御宮殿の礼盤(らいはん)部分
金箔押  

漆塗りの次の工程で、更に漆を接着剤として金箔を貼っています。京都では「押す」と表現します。素材はもちろん伝統ある縁付金箔(えんつききんぱく)です。
金箔(金箔押し)の品質は、素材はもちろんですが「箔押技術」も重要なポイントです。これには次のような見方があります。
接着剤として使用する漆の塗り加減、拭き加減、金箔自体の質、平面での金箔のつなぎ目のそろい方、彫刻内部にまで金箔が押されているか、金箔のスレやシワがないか等など。
中でもこの「拭き加減」は、この作業ひとつで仕上がりが変わってしまうほど重要な仕事です。その日の温度と湿度を感じ取っておこなう職人技です。

さらに最高級のお仏壇には金箔押しの上に「ぬぐい消(けし)仕上げ、又は消粉仕上(けしふんしあげ)」と言って金粉をまきます。京都独特の仕上げで、むっくりと、上品で、重厚感のある輝きがでています。

さらにこのお仏壇には、内部の向板(むこういた=内部の向こう正面の板)と脇板(わきいた=内部の両脇の板)、そして雨戸裏(あまどうら=外側の扉の裏側[内側])には前述の金箔の寸法4寸2分角(約12.5cm角)のものを「二度押し」していますのでさらに深い光沢です。
また、内部は四方金箔押し(しほうきんぱくおし)と言いますが、欄間の裏側や御厨子などの裏側にも金箔を押しています。
 
内部詳細



木地 金箔押
彫刻 彩色
漆塗 蒔絵
蝋色研出 錺金具
 
  商品をご購入される方はこちら
本願寺派(西)用金仏壇
前開 屋根入 別製最上
150代(お仏具別)
金仏壇 前開 出迎門
極上別製 150代
(お仏具別)
このページの先頭へ戻る

トップページへ

カテゴリ一覧

メール返信定休日

2017年12月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

2018年01月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

定休日