応用器

商品についてのご不明な点は、こちらからお問い合わせいただけます。

元々禅宗の僧侶が托鉢のときに持っていった「応量器」と呼ばれる入子の器を、まさに「応用」して作った器のセット、応用器です。

丼にもなる大きなお椀から汁椀、飯椀、小鉢や皿まで、ひとまとめにした贅沢な商品です、これひとつで食事にお使いになる器がすべてまかなえます。

木地には水目桜を使用し、「拭き漆」というシンプルな塗りで仕上げ、木目の素朴な美しさを際立たせています。

造形には極限まで薄挽きの技を生かしており、持って頂くと予想外に軽いのも魅力です。

お一人様の器としてお使いいただいても結構ですし、家族で大きさによって使い分けられても結構です。

 

 

■拭き漆応用器 6客1組

寸法 応用器 6客1組
一番大きな鉢:直径16×高さ10cm

44,000円

■品質 漆塗り・木製(ミズメ桜)

商品に関する疑問が御座いましたら、気軽にお問い合わせください。
また、店舗で現物をご覧になりたいお客様は、お近くの小堀まで。

買い物かご
商品点数 0点
注文数合計 0点
合計 0円
メール返信定休日
2021年09月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

0120-27-9595

電話でお問い合わせ
0120-27-9595午前9時~午後5時